1万円以下の価格で買える浄水器はポット式が人気

浄水器の価格帯は5万円から10万円以上という高級機種から、ポット式の数千円のタイプまで幅が広く、好みや使い方に合わせて適切な機種を選ぶことが重要です。特に人気の高いタイプには水道に接続しないタイプのポット式浄水器で、価格の安さや取り扱いの簡便さ、おしゃれなデザインなどで多くの人から支持されています。ポット式の大きなメリットの一つが、前述の価格の安さです。高いものでも実売価格は5、000円前後となっており、安いタイプでは3、000円程度でも十分に満足できる性能の浄水器を手に入れることが可能です。

また大きなメリットの二つ目が、持ち運びができるという可搬性の高さという使い勝手の面にあります。水道に接続するのではなく、汲み置いて浄化する方式のために、場所を選ばずに利用することができるのはその他の方式にとって大きなアドバンテージとなります。また、浄化した水ごと冷蔵庫に入れて冷やすこともできます。このタイプの浄水器のサイズは冷蔵庫のドアポケットにフィットするサイズですので、牛乳パックなどと並べて冷たくておいしい水をいつでも得ることができます。

この冷たい水をすぐに飲めるというメリットについては、現在人気が集まってきているウォーターサーバーと同等のメリットにもつながります。ウォーターサーバーは設置場所が必要で電気代もかかること、毎月の配送プランの契約などでコストが高くなりますが、ポット式はその心配もなく常に冷たくおいしい水を利用できるという点が嬉しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です