浄水器の種類~設置のしやすさも重要

浄水器には様々な種類があります。簡単に設置できるものもあれば、そうでないものあるので、その辺りは事前に確認しておくことが求められます。また浄水機能にもばらつきがあるので、それも確認しておくのが望ましいです。どのような浄水器の種類があるかと言うと、まずは蛇口直結型です。

これは蛇口に直接、設置できるタイプです。よって工事なども必要ないため、最も設置しやすい浄水器だと言えます。大きさもコンパクトで価格もお手頃なのですが、その分、浄水機能を担っているフィルターを頻繁に交換する必要があると言うのは留意しておきたい点です。それからシンクに設置する据置型ですが、これは蛇口型と同じように設置が簡単であり、それでいて大きさがある分、フィルターの寿命が長く浄水機能も高いのが魅力です。

ただしシンクに設置するのでそのための場所が必要であり、かつ取り付けることができる蛇口のタイプも限定的であると言うのは注意点です。対してシンクの下に設置するアンダーシンクタイプと呼ばれる種類は、浄水器ごとシンクの下に設置できるのでシンク回りがすっきりとなるのが魅力です。ただシンク下に設置すると言う性質上、工事か必要になることも多く、そのための費用が必要になると言うのはデメリットだと考えられます。最後のポット型は、手軽さと言う点ではいちばんだと言えます。

これはカートリッジの入ったポットに水を入れることで利用すると言うタイプです。設置と言う概念が不要なので利用しやすく、なおかつ浄水を好きな量だけ持ち運びできるのも魅力です。ただし小型であることから、浄水機能としてはそれほど高くはないのが一般的です。風呂の浄水器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です